global-sf.jpgフランスワインを直輸入をしています。

最近の記事

2011年05月05日

ボージョレーにおける2010年ヴィンテージの傾向 収穫後第一報 Premiere tendance du millesime 2010 dans le Beaujolais

ボージョレーの収穫後第一報は以下で:
http://www.franceshoku.com/pages/2010/bjn_1019.pdf
(ボージョレーワイン委員会、10/12付けプレスリリース)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
2010年のワインの収穫量予想 4,580万hl(フランス農水省統計局)
Un potentiel de recolte estime a 45,8 millions d'hectolitres
----------------------------------------------------------------------
農水省の統計局(SSP)が発表した10月1日付けの2010年のワインの予想収穫量
は4,580万hl。過去5年平均(4,850万hl)より6%減、昨年(4,670万hl)に対しても
2%減となる。
AOPのオー・ド・ヴィ(コニャック、アルマニャックなど)を除き、すべてのカ
テゴリーで昨年を下回る見込みである。
AOPは2,200万hlで対前年4%減、過去5年平均も4%下回る。IGPは1,210万hlで、
対前年3%減、過去5年平均も11%下回ると予測される。IGPの実際の生産量は、
予想をさらに下回ると見られる。一部が地理的表示のないワインのカテゴリー
に入る可能性があるからである。その他のワイン(地理的表示のないワイン)は
360万hlで、対前年15%減、過去5年平均も11%下回る。
一方、AOPのオー・ド・ヴィ(コニャック、アルマニャックなど)は820万hlで対
前年13%増、過去5年平均も4%上回ると予測される。
posted by Mark at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フランスワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
header_logo.GIF

グローバル・シーはフランスの各種コンサルティングを行っています。

何か相談事項があれば、気軽にお問い合わせください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。